奈良追分コミュニティ

BLOGブログ

追分自省

2020.12.7 

11月の半ば、東京の都市農地活用支援センターのアドバイザーお二人が、追分に来られました。
こちらから、アドバイス要請をお願いしたからでもありましたが、事前に奈良追分協議会のこれまでの経緯や活動について、詳細に調べた資料を作成して来られたのには、さすが!と思わされました。

しかし調べられたでデータはやや古いので、現状との乖離がありました。
会合に、追分からは大石理事長ほか数名が参加。約2時間以上にわたって、こちらの現状などを聴かれたり、意見交換が行われました。

1週間後には、報告書が送られてきました。

その一部は次の通りです。

地域振興・コミュニティの主体(主役)である土地所有者(梅林組合)や農家、周辺住民、町内会や子供会を始めとした諸活動グループの意向反映や参画、支援母体である自治体の関係各課との連携が希薄であり、実務者・生産者・担い手が少なく、地域との密着性、持続性が課題として残る。

追分コミュニティのコンセプトを大切に、現在の活動を育てつつ、プランの修正、初動期・中期・長期の目標、年度ごとの成果の共有と実行計画の修正、実現手法や事業計画の見直し、組織体制の拡充を進める。

的確なご指摘で、私たちとしては、反省や課題解決に向かって努めなければならないと思います。
追分の未来のために。

関連記事

大和橘の収穫のデータから。

大和橘の収穫のデータから。

2021.1.20 

追分では、昨年12月2度にわたって大和橘の実の収穫を行った。 摘果と選果で、総延べ人員45人、総延べ時間149時間、収穫量約200㎏である。 内訳は1日に、摘果10人28時間、選果に12人46時間で、収支はもちろんマイナスである。 買取業者の注文で、橘実をS,M,L,LLに分類したが、手作業による選別に時間がかかり過ぎ、収穫量が増えれば増…

続きを読む
青梅の販売

青梅の販売

2021.6.3 

2021年の梅狩りは、コロナの関係で中止となりましたが、梅は豊かに実をつけ、限られたスタッフで、600kg近い青梅が採れました。 それをキズありキズなし等の梅を選り分け、さらにS~3Lサイズ別に分ける工程をすべて手作りで行いました。 そして、今年初めてイオン南富雄店で店頭販売を行いました。 「追分の梅林が復活したのですね?」と訊ねて喜んで…

続きを読む
ボクササイズはいかが?

ボクササイズはいかが?

2020.10.21 

追分にボクサー青年がやって来ました。インターハイにも出場した、押しも押されもしない立派なボクサーです。追分の農業関連の仕事をこなしつつ、毎日トレーニングを欠かさない、そして礼儀正しい青年です。そして、彼の指導で、ボクササイズ・レッスンが始まりました。第1回のレッスンは、もちろんボクシングは初めてという人ばかり。 音楽に合わせてエアロビック…

続きを読む
追分パークの入口に看板が新設されました

追分パークの入口に看板が新設されました

2021.5.18 

長年念願だった追分パークの表示看板が、有志の手作りで出来上がり、設置されました。 周りには太陽光発電による電飾がめぐらされています。 国道38号線(暗峠奈良街道)沿いなので、ドライバーにもハイカーにも目に飛び込んでくるでしょう。 掲示板の役目も果たしますので、追分ニュースもお知らせ出来ます。 現在は、追分キャンプを利用するキャンパーさんた…

続きを読む
OIWAKE  PARKの新展開

OIWAKE PARKの新展開

2020.9.25 

天空のOIWAKE PARKの整備が進んで、新しいテントとティピが並びたち(写真1)、ピザ窯やサンドバッグ、ハンモックなど(写真2)も整備されました。 早速、追分コミュニティの定例実行委員会が、新しいテントの覆いの下で、快い涼風に包まれて開かれました(写真3)。 新しいテントは長さ6mあり、2室に分かれていて、十分寝泊まりできます。 テン…

続きを読む