奈良追分コミュニティ

BLOGブログ

追分自省

2020.12.7 

11月の半ば、東京の都市農地活用支援センターのアドバイザーお二人が、追分に来られました。
こちらから、アドバイス要請をお願いしたからでもありましたが、事前に奈良追分協議会のこれまでの経緯や活動について、詳細に調べた資料を作成して来られたのには、さすが!と思わされました。

しかし調べられたでデータはやや古いので、現状との乖離がありました。
会合に、追分からは大石理事長ほか数名が参加。約2時間以上にわたって、こちらの現状などを聴かれたり、意見交換が行われました。

1週間後には、報告書が送られてきました。

その一部は次の通りです。

地域振興・コミュニティの主体(主役)である土地所有者(梅林組合)や農家、周辺住民、町内会や子供会を始めとした諸活動グループの意向反映や参画、支援母体である自治体の関係各課との連携が希薄であり、実務者・生産者・担い手が少なく、地域との密着性、持続性が課題として残る。

追分コミュニティのコンセプトを大切に、現在の活動を育てつつ、プランの修正、初動期・中期・長期の目標、年度ごとの成果の共有と実行計画の修正、実現手法や事業計画の見直し、組織体制の拡充を進める。

的確なご指摘で、私たちとしては、反省や課題解決に向かって努めなければならないと思います。
追分の未来のために。

関連記事

菜の花まつり無事終了

菜の花まつり無事終了

2021.4.12 

<4月10日 菜の花まつりは、絶好の日よりに恵まれ、100名を越す参加者をお迎えして、無事終了しました。 奈良温暖化ストップの会、奈良市まほろばシェアリングネイチャーの会、視覚障がい音楽ペア「万華鏡」、フィンランドの競技「モルック」体験、創作折り紙、など、未来の循環型社会、SDGsを標榜する自然派イベントに相応しいグループの方々のご…

続きを読む
風と香りとパワーと

風と香りとパワーと

2020.12.9 

11月の勤労感謝の日、NPO法人ぱるぱるから12名の方々が追分パークに来られました。 目の不自由な方、全盲の方もおられ、2班に分かれて、1班はボクササイズへ、もう1班はファームへご案内しました。 ファームには、ラベンダーやレモンバウムなどハーブが何種類、そして大和橘が植えられており、それぞれの香りを敏感に嗅ぎ取られたことと思います。 一方…

続きを読む
追分ロハス体験講座ハーブ編が始まります

追分ロハス体験講座ハーブ編が始まります

2020.10.20 

10月23日(金)追分パークで、「追分ロハス体験講座」がスタートします。 ご存知のように、追分ファームでは、ロハス( Lifestyles of Health and Sustainability) をめざして、梅・大和橘・ハーブ・レモン・有機栽培の野菜などを栽培しています。 今回は、10月から11月にかけての3回シリーズの「ハーブ編」と…

続きを読む
Oiwake  Parkの整備が進んでいます。

Oiwake Parkの整備が進んでいます。

2020.9.21 

追分PARKの土盛りが始まりました。 ウッドデッキとテイピがあった場所とその周辺に、雨が降っても泥だらけにならないように土が盛られ、きれいに整地されました。 いま周辺には、ヒマワリ(サンゴールド)が咲き誇っています。 大輪ひまわりも咲きだし、これからが楽しみです。 サンゴールドと大輪ひまわりの間に蒔いたコスモスも芽を出してきています。 O…

続きを読む
素晴らしきハーブ講座

素晴らしきハーブ講座

2020.11.2 

10月29日(木)スタッフの願いが届いたのか、絶好の秋晴れの下、追分パークのハーブ園で第2回ロハス講座が開かれました。 ハーブ園の中に入って、参加者皆さんは、レモンバウムやラベンダー、ミントなどを手に取って、匂ったり、かじったりしながら、宇山専門員の説明を熱心に聞かれていました。 そのあと、中村講師の指導で、発泡ハーブソルトの制作をしまし…

続きを読む