奈良追分コミュニティ

BLOGブログ

大和橘の収穫のデータから。

2021.1.20 

追分では、昨年12月2度にわたって大和橘の実の収穫を行った。
摘果と選果で、総延べ人員45人、総延べ時間149時間、収穫量約200㎏である。

内訳は1日に、摘果10人28時間、選果に12人46時間で、収支はもちろんマイナスである。
買取業者の注文で、橘実をS,M,L,LLに分類したが、手作業による選別に時間がかかり過ぎ、収穫量が増えれば増えるほど赤字が出ることになる。
これは今後の重要な課題である。今回は、大半の人員がボランティアで奉仕したので、事なきを得ているがー。

作業は、午前中に摘果、午後選果である。
黙々と選果作業をしながら、なぜか丸岡秀子さん(1903-1990、社会評論家「日本農村婦人問題」など著書多数)のことを思い出した。
丸岡は幼いころ長野県南佐久の小作農家祖父母に育てられた。
祖父母は早朝から夜遅くまで働き、秋には収穫したコメ俵が倉庫に積み上げられるが、日を経ずして、何処からか男たちがやってきて、その米俵をすべて大八車に乗せて持って行ってしまう(注;地主さんのところへ運び込まれる)。

祖父母はいつも粗末な麦飯を食べていた・・・。
丸岡が生涯をかけて農民の生活改善のために全国を回り、評論を書き続けた原点が、この祖父母の姿であった。

橘の実を選り分けながら、百年前の農家の風景と今と、さして変わりはないではないか!人の命、食につながる農業が、年間を通して、耕作や草狩り、水やり、施肥、刈り〔摘み)取りなど、人の手によって成り立っており、それに対する報いは少ない、ということを実感した。

戦後とくに近年、農業の大規模化、機械化、合理化など様々に農業政策は試みられた。
しかしわが国のように、狭小の土地で家族的営農を続ける大半の農家には、どれほどの恩恵があったのか。
いまや日本は輸入農産物に頼る食生活!改めて、日本の農業政策の深淵で不条理な課題に思いを至したのであった。
(MK)

関連記事

追分ロハス体験講座ハーブ編が始まります

追分ロハス体験講座ハーブ編が始まります

2020.10.20 

10月23日(金)追分パークで、「追分ロハス体験講座」がスタートします。 ご存知のように、追分ファームでは、ロハス( Lifestyles of Health and Sustainability) をめざして、梅・大和橘・ハーブ・レモン・有機栽培の野菜などを栽培しています。 今回は、10月から11月にかけての3回シリーズの「ハーブ編」と…

続きを読む
青梅の販売

青梅の販売

2021.6.3 

2021年の梅狩りは、コロナの関係で中止となりましたが、梅は豊かに実をつけ、限られたスタッフで、600kg近い青梅が採れました。 それをキズありキズなし等の梅を選り分け、さらにS~3Lサイズ別に分ける工程をすべて手作りで行いました。 そして、今年初めてイオン南富雄店で店頭販売を行いました。 「追分の梅林が復活したのですね?」と訊ねて喜んで…

続きを読む
可愛いお客さま

可愛いお客さま

2020.11.7 

1月6日、追分パークに可愛いお客さまをお迎えしました。 富雄のインターナショナル幼稚園Duchoolの園児さん20人と保護者の皆様です。 追分ファームで、宇山ガーディナーが丹精込めて育てたサツマイモが、いよいよ実りのとき。 園児さんたちは、その芋掘りにお弁当持ちで来られたのです。お天気もまずまず、土の状態もまずまず良好で、どんなお芋が現れ…

続きを読む
Oiwake  Parkの整備が進んでいます。

Oiwake Parkの整備が進んでいます。

2020.9.21 

追分PARKの土盛りが始まりました。 ウッドデッキとテイピがあった場所とその周辺に、雨が降っても泥だらけにならないように土が盛られ、きれいに整地されました。 いま周辺には、ヒマワリ(サンゴールド)が咲き誇っています。 大輪ひまわりも咲きだし、これからが楽しみです。 サンゴールドと大輪ひまわりの間に蒔いたコスモスも芽を出してきています。 O…

続きを読む
奈良テレビがOIWAKE PARKを取材に来ました

奈良テレビがOIWAKE PARKを取材に来ました

2020.8.3 

8月1日(土)、奈良テレビのフライデーナイン「ビジット奈良」の取材が追分で行われました(放映;8月14日金曜日夜9時~)。番組の案内役は、福本愛菜さん(元NMB48メンバー)。奈良市街や若草山、東大寺の大仏殿などを一望する素晴らしいOIWAKE PARKで、バーベキューを楽しむ企画です。  まず撮影は、追分の歴史的風土の紹介から始まりまし…

続きを読む